恋愛やダイエットなど生活の悩み・疑問を即解決!

ワイン初心者が悩むワインと料理の組み合わせ方をわかりやすく解説!

ワイン初心者が悩むワインと料理の組み合わせ方をわかりやすく解説!

ワインと料理には組み合わせの相性があります。
その相性を知るためにはいろいろな種類のワインの実飲から初めましょう。
たまに知識だけ蓄えている人がいるのですが、知識だけでは実際にレストランで飲む時に失敗することが多いんです。

そんなワイン初心者さんには「ミシュラン星付きセレクション」がおすすめ。
なんとフランス本場のソムリエが厳選したワインが毎月2本ずつ届けられるんです!

ジェローム・コボー
ミシュラン星を獲得したレストラン”Cobea”オーナーソムリエ Jérôme Cobou(出典:Old Vomtage)

ミシュラン星付きセレクションの申込みはこちら

さてワインを準備したところで、ワインの種類とワインに合う料理の基本を紹介します。

ワイン初心者さんでも分かる種類の違い

ワイン初心者にありがちなのが、「ワインが美味しかった!」と思って次に適当に選んだワインがイマイチで逆に苦手になってしまった…というパターン。
ワインはそれぞれ結構個性が強いため、やたら選ぶと失敗してしまうことも多いんです。
それぞれのワインにどういう特徴があるのかを知っているだけでも失敗する確率は低くなります。

auscontinentwine
Aus Continentの赤ワイン(出典:instaglam)

また、ワイン選びの失敗だけでなくワインに合わせる料理選びも間違えると激マズ料理になってしまうこともあるんです!
自分でワインを選ぶ前に、ワインそれぞれの特徴を知っておきましょう!

赤ワインはお肉との相性がバッチリ!ワイン初心者なら赤ワインのタイプに気をつけて

赤ワインはお肉にとっても合います。
お肉には強い旨味や甘味が感じられるため、渋い赤ワインと絶妙なバランスでマッチし美味しく感じられるのです。

赤ワイン
Yarra Yeringの赤ワイン(出典:instaglam)

赤ワインは黒ブドウを使って作られているため濃い赤色をしており、果汁だけでなく皮や種も使っているため口に含んだ時に渋みを感じられます。
この渋みがお肉との相性が抜群というわけなんです!
もしお肉料理を頼んだ時には赤ワインと合わせてみて下さい。

逆に魚と合わせると生臭さを感じることもあるので注意しましょう。

黒毛和牛のステーキ
黒毛和牛のステーキ(出典:instagram)

赤ワインはその中でも3つのタイプに分けられます。

  • フルボディ…渋みや香り、味わいが濃厚で重みのある風味。味の濃い肉料理や煮込み料理に合う。
  • ミディアムボディ…渋みや香りが程よくバランスの良い風味。トマトソースの料理ややや濃いめの肉料理に合う。
  • ライトボディ…渋みが少なく、比較的に飲みやすいサラッとした風味。塩などであっさりとした味付けをした肉料理やエスカルゴなど味がしっかりとついたシーフードに合う。

軽めがいいか、重めがいいかなどを聞かれた時は風味のことと覚えておきましょう。
ワイン初心者さんでもコレを知っているだけでスムーズな注文ができます◎

個人的にはライトボディ×バジルの効いたエスカルゴの組み合わせは本当に最強です。
ライトボディは赤ワインだけどかなり飲みやすくて結構ガブガブいけちゃうので注意!

白ワインはお魚との相性がバッチリ!ワイン初心者でも特徴を感じやすい

白ワインはお魚と相性が良いと言われています。
お魚に限らず、エビや貝などにもピッタリ!

白ワインで失敗したくないワイン初心者さんは、まずはシーフード料理と合わせてみるといいかも。

白ワイン
Amalfiの白ワイン(出典:instaglam)

白ワインは身だけを使って作られているため、透明に近い色合いをしています。
さらに味わいはさっぱりとしており、渋みをほとんど感じません。

このことから、塩などのシンプルな味付けの魚と一緒に飲んでも、料理の味を殺さずしっかりと味わうことができるのです。

赤座海老
赤座海老(出典:instaglam)

白ワインも2つのタイプに分かれます。

  • 辛口…酸味が強くなっており、飲んだ時にキレを感じる風味。エビや貝などのシーフード
  • 甘口…甘味を感じられ、酸味はすくなくまろやかな風味。

もし甘口か辛口か聞かれたら好みの方を選びましょう。
甘口の白ワインは口当たりもよくあっさりしているため、女性にも人気ですよ◎
個人的には、塩をふりかけて炙ったエビと辛口白ワインは風味がいつもの倍以上楽しめるのでおすすめです!

スパークリングワインはどんな料理にもOK!ワイン初心者でも気軽に飲みやすい

スパークリングワインは基本的にどんな料理にも相性が良いワインです。
シュワシュワとした炭酸を含んでおり、口当たりは爽やかで飲みやすくなっています。

よくあらゆる料理が並べられたパーティーなどでも飲まれますね。
ワイン初心者さんでも気軽に飲めるワインです。

スパークリングワイン
Domaine Du Castelのスパークリングワイン(出典:instaglam)

ちなみにシャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で作られていることが最低条件で、さらにさまざまな基準をクリアした特別なワインのことを言います。
実はシャンパンもスパークリングワインの仲間だったんです。
料理にシャンパンがでたら選ばれしスパークリングワインと思ってもいいかも。

個人的にスパークリングワインは、ワインにもよりますが冷たいフルーツとの組み合わせがGOOD!
スパークリングワインは度数も低いので、アルコールが強いお酒が苦手な方でも楽しめますよ◎

早速ワインを飲んで料理と組み合わせてみよう!

料理の組み合わせ次第でワインの風味が変わってくるから、やっぱりワインの実飲は大事。
どんなワインを飲むか迷っている方はぜひ「ミシュラン星付きセレクション」を利用してみて下さい!

ジェローム・コボー
ミシュラン星を獲得したレストラン”Cobea”オーナーソムリエ Jérôme Cobou(出典:Old Vomtage)

この「ミシュラン星付きセレクション」は、1本6,000円~7,000円はするワイン2本を毎月5,000円で楽しめるんです!
さらに初回限定は88%OFFの1,800円とおトク。

回数縛りがないため、途中でワインに興味がなくなったり内容に満足がいかなくてもいつでも解約出来ます。

かなりの割引価格となっているため、毎月50名様限定の申し込みのみを受け付けています。
まだワイン初心者で何を飲めば良いのか、自分に合うワインが分からないという方にもおすすめです◎

ミシュラン星付きセレクションに申し込む

コミュニケーションカテゴリの最新記事